「あそこが痛い、ここが悪い」と、わたしたちは、自分の身体について、つい文句を言ってしまいます。

無頓着に扱ったり、酷使したり、あるいは気にしすぎて、自分の身体にネガティブな言葉をいっぱいかけてしまったり。

わたしも、ついやってしまいます。

わたしの場合は、休息を忘れて、使い過ぎるのです。


でも、身体は魂の乗り物。

わたしたちの魂は、身体を使って、この三次元の世界を体験しています。

身体の五感をとおして世界を感じ、身体をとおして魂を表現しているのです。

職人さんが道具を大事にするように、身体も大切に扱いたいものです。


考えてみなくても、身体は、わたしたちが眠っているときも休みなく働いてくれています。

文句を言うかわりに、身体に感謝してみたらどうでしょう。


もし、自分が文句ばかり言って、安い給料で、従業員を酷使する社長に雇われていたら、どう思うでしょうか。

きっと「やってられねえよ!」あるいは「こんなとこ辞めてやる!」と思うかもしれません。


不平不満を言うかわりに、感謝の言葉をかけてみましょう。

「ひどい扱い方をして、ごめんね。これからは大切に使うからね。ありがとう、ありがとう」なんて言ったら、きっと身体も喜ぶにちがいありません。


そして、実際に身体が喜ぶことをしてあげましょう。

身体に良い食べ物、運動、体操、休息・・・。

もちろん、心の平和も大事ですね。

毎朝、自分の身体が美しい光に包まれているところをイメージして、「ありがとう、ありがとう」と感謝の言葉をいっぱいかけてからスタートすると、素敵な一日になりますよ。(*^-^*)

ホームページはこちら
セラピースペースFuture
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://healing2room3.blog.fc2.com/tb.php/502-b7128373