大谷選手が3試合連続ホームラン、ピッチングでも7回1安打12奪三振無失点という快挙。

アメリカでも日本でも大騒ぎ。

野球ファンでなくても、大谷選手の華々しい活躍はうれしいニュースです。


誰かがすごいことをやってくれた。

みんなが憧れるような素晴らしい偉業を達成してくれた。

そんな人は、みんなの気分を上げ、元気づけてくれます。

みんなが考えている範囲を超えて、ずーっと行ってしまった人。

わたしたちに可能性というものを教えてくれる、先駆けとなる人。

そこから、「ほら、ぼくこんなところまで来ちゃったよ」と、手を振って笑っている。

わたしたちは、それを見て、「あれ、あんなところまで行けるんだ」と思います。

つまり、限界だと考えていたその先に、まだまだ可能性が広がっていることに気づくのです。

そして、「じゃあ、自分も行ってみようかな」と思う人が現れ、あとに続きます。

そして、さらにその先に行く人も出てきます。


潜在意識は、みんなつながっていて、わたしたちはひとつ、ワンネスなのです。

だから、誰かがすごいことをして見せてくれると、自分の可能性にも気づくのです。

同じことをしなくてもいい。

自分の好きなことをやればいい。

でも、自分が好きなことを楽しんでやっていれば、いつかあんなところまで行けるかもしれない。

そう思えるのです。

誰かが何かすごいことをすると、みんなうれしい気分になるって、こういうことなのだと思います。


ホームページはこちら
セラピースペースFuture
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://healing2room3.blog.fc2.com/tb.php/501-ed2dca51