FC2ブログ
大相撲巡業先の宝塚市の中川智子市長が、土俵下で市長としてあいさつされました。

「伝統を守ることも大事ですが、変革する勇気も必要ではないか」

「よく言ってくれた!」と思いました。

そのあとのインタビューでは、「はっきり言って差別だと思いましたよ」とおっしゃっていました。


今も、世界には差別があふれていますが、女性差別は同じ女性として敏感にならざるをえません。

インドの女性差別に関するニュースなど、目をそむけたくなるような映像が流れています。

妻を気絶するまでムチ打ったり、女性に硫酸をかけたり。


人を差別するのは、自分のパワーを信じていないから。

本当は弱いから、他者を差別したり抑えつけたりすることでしか、自分の力を感じることができないのです。


中川市長が「女は土俵に上がれない」とおっしゃったとき、「そのとおり!」と返ってきた声はやはり男性のもの。

今生で男として生まれ、男性優位の社会で育ってきたおじさんたちは、どっぷり男女の差別観に染まっています。

でも、そんな人が前世療法を受けたら、びっくりすることでしょう。

自分が女として生まれ、抑圧され差別されていた。

そんな前世を見たら、男女差別についても、考えがひっくり返るにちがいありません。


男だから女だからという差別観は、小さな針の穴から世界を見ているようなもの。

ちっちゃな考えに凝り固まっているだけのことです。

前世療法は、人生観、世界観を変えてくれます。

男女差別だけでなく、すべての差別に効果ありです。

ホームページはこちら
セラピースペースFuture
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://healing2room3.blog.fc2.com/tb.php/498-2273c46d