FC2ブログ
やっと暖かくなったので、久しぶりにお寿司を食べに行きました。

回転寿司ですよ。(笑)

混雑を避けて、昼時を過ぎてから行ったせいか、カウンターにはほとんどお皿が回っていません。

なので、食べたい物を一皿一皿注文することになりました。


カウンターの中にいるのは、若い職人さんが一人だけ。

注文すると、ボソッと返事があり、出来上がると、ポソッという声とともにお皿が差し出されます。

その職人さんの顔を見ていると、彼にとっては、これが精いっぱいのかけ声であり、愛想なのだと分かります。

きっと、とても恥ずかしがりなのでしょう。


久しぶりのお寿司、とても美味しく頂きました。

帰り際に、たぶん「ありがとうございました」と送ってくれたのでしょうが、何やら言ってるなくらいにしか聞き取れません。

「お寿司のネタは生きが良かったけど、職人さんは生きが良くなかったね」

わたしが笑いながら言うと、家人いわく。

「ヒプノセラピーを受けたらいいのにね」


こういうことって、よくありますね。

一生懸命働いているのに、自己表現が今いちなのです。

頭では、必死に元気な声を出そうと思っているのに、なぜか声が出てこない。

子どもの頃、何かトラウマとなるような出来事があったのかもしれません。


人前に出るとひどく緊張してしまう、自己評価が低い、自己否定が強い。

このような場合、その原因となっている出来事は、潜在意識下に埋まっています。

ヒプノセラピーでは、その原因となっている出来事にアクセスし、そこに絡まっている辛い感情を解放していきます。

すると、不思議なことに、緊張が軽減したり、緊張を感じることなく自信をもって人前で話すことができるようになるのです。

自己表現が今いちという方にヒプノセラピー、効きます!


ホームページはこちら
セラピースペースFuture
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://healing2room3.blog.fc2.com/tb.php/488-507cc72c