先日参加したセミナーで、インナー・ペアレントの実習のモデルになりました。
インナー・ペアレントというのは、「内なる親」つまり心の内にイメージとして持つ親のことです。
わたしたちが、この現実で経験する家族というのは、自ら計画した学びとはいえ、時には過酷なものになることがあります。
この親には、もう親としての役目を下りてもらいたい。
あるいは、親の学校に行き、親としての役割について勉強し直してほしい。
こういう場合に、インナー・ペアレントをイメージし、心の中に幸福感を植え付けていきます。

わたしの両親は親としてふさわしいモデルがいなかったために、かなり未熟な人たちでした。
そこで、尊敬している美智子皇后様にお母さんになっていただくことにしました。
わたしは子どもに戻り、二人の姉とともに皇居におられるインナー・マザーである皇后さまに会いに行くことになりました。
すると、どういう展開か、わたしの実母も実父も子どもに戻り、一緒に行くことに。

わたちの元家族は、みんな子どもに戻り、天皇陛下と皇后様という両親のもとで暮らすことになりました。
もちろん、すべてイメージの中ですが、皇居の庭で遊んだり、皇后様に抱っこしてもらったり、皇后様手作りのサマー・ドレスを着せてもらったり、皇居のダイニングルームで食事したりと、十分に楽しみました。

戦場のような家庭で育ったので、天皇陛下と皇后様の穏やかな物言い、あふれ出る優しさに心が癒されました。
それから毎朝瞑想するたびに、わたしは子どもに戻り、元家族とともにインナー・ペアレントである天皇皇后両陛下に会いに行き、両陛下の光に包まれます。

そうすると、イメージであっても、胸が幸福感で満たされるのです。

ホームページはこちら
セラピースペースFuture
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://healing2room3.blog.fc2.com/tb.php/473-9874a144