FC2ブログ
「ありがたや、ありがたや」は、何かいいことがあったから言うのではないのです。
「ありがたや、ありがたや」をやっていても、腹の立つことは起こります。
まるで、「それでも、ありがたやって言えますか?」と試されているかのように。
それでも言い続ける。
「何があっても、ありがたや」なのです。
そうすると、呪文の力が効いてきます。
「あれ、何かすっきりしている!」と。
今までだと、その出来事にとらわれて腹を立て、心を黒い雲でいっぱいにしていたのに、ありがたやの呪文がその雲を払ってくれたことに気づくのです。
「ありがたや、ありがたや」は、ひとつの生き方なのです。
心の中で回し続けてきた不平不満の古いCDを捨てて、新しいピカピカのCDに取り換えるという決意なのです。

s-IMG_1591.jpg

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://healing2room3.blog.fc2.com/tb.php/432-b2e32645