清水宏保さん、覚えていますか?
そうです。
長野オリンピックで金メダル、ソルトレイクシティでは銀メダルを獲得したスピードスケートのあの清水さんです。
最近、清水さんのメンタルトレーニングに書かれたものを読んで、いたく感動しました。

清水さんは身長が162㎝しかないんですね。
しかも、幼い頃から喘息という持病をもっていました。
その体格と持病のハンデを乗り越えて、オリンピックの舞台でメダルを取った精神的パワーにも圧倒されますが、もっとすごいのはイメージを駆使した彼のメンタルトレーニング方法です。

レースの前に観客席に座り、レースをする自分をイメージする。
しかも、何か所か場所を変えて、そこから見える自分を鮮明にイメージし、それらをつなげて、ひとつのストーリーに仕立てあげる。
レース前にこんな緻密なイメージ・リハーサルをすることで、心身のボルテージを上げていくんですね。

また、パニックに襲われたときには、氷の上に大の字に寝て、意識を体から離して上昇させ、高いところから自分の姿を眺めた。
すると、地球規模で眺めたら、今自分がパニックになっていることなど、ちっぽけなことに思われた。
自分を外から眺めることで、状況を客観視することができたのですね。

一流のスポーツ選手は、こんなふうにイメージ力を存分に発揮して、メンタルトレーニングをしているんですね。
すごいなあ。!(^^)!

s-KIMG0113.jpg

ここをクリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://healing2room3.blog.fc2.com/tb.php/388-6d183af0