FC2ブログ
26、27日と仙台に出張してきました。

お借りしているレンタルサロン「レボルシオン」の近くに、錦町公園という、とても雰囲気のいい公園があります。

その公園のそばに赤い鳥居の可愛い神社が建っています。

祀られている神様は、アセンションの神様として話題の「瀬織津姫」(せおりつひめ)。

しっかりお参りしてきました。


それにしても、仙台は平日でも街に人が溢れている。

すごいなあ!

こんなことで驚くなんて、やはり秋田って人が少ないからでしょう。

秋田では、街を歩いていて人にぶつかるなんてこと、まずないよね (笑)

s-IMG_3809.jpg

仙台は杜の街だけあって、公園にも木がいっぱい。


s-IMG_3783.jpg

これ、シベリア杉じゃない?大木です。

s-IMG_3792.jpg

瀬織津姫を祀る可愛い神社。

s-IMG_3788.jpg

瀧澤神社。賽銭箱にカギがかかっていました。(*´ω`*)

s-IMG_3787.jpg

社殿の隣に椿の木が。春には白とピンクの斑の花を咲かせます。

ホームページはこちら
セラピースペースFuture
スポンサーサイト



💛 あなたはとてもステキな人です。

💛 あなたは愛され大切にされる価値のある人です。


布団に入る前に、面白い映像が見えることがあります。

眠くて潜在意識が開いているからでしょうね。



5才くらいの女の子が、先に何かがついた紐をブンブン振り回している。

その子を見ていると、自由とか強さいう言葉が浮かんでくる。

あれ、この子、わたしのインナーチャイルドかな。

今までは、幼い頃の自分自身がチャイルドだったのに、変わったのかな。



現実世界で生きているわたしは、心が揺れることも傷つくことも落ち込むこともあるのに。

この子がわたしのチャイルドだとすると、ずいぶん元気。

でも、それはわたしが潜在意識にある傷ついた自分自身を解放し癒してきたから。



インナーチャイルドセラピーと言っても、いきなりチャイルドを出してしまうと、つらくなります。

インナーチャイルドは、自分の感情を反映したイメージとして出てくるからです。

自分の心が傷ついたままだと、チャイルドもふさぎこんでいたり、悲しそうだったり、心を閉ざしていたり。



その状態からチャイルドを育てていくのは、時間もかかるし、忍耐が必要です。

でも、つらい感情を解放してからだと、元気なチャイルドと会うことができます。



ですから、わたしのインナーチャイルドセラピーは年齢退行から入ります。

年齢退行セラピーに十分に時間をかけて、感情を解放し癒してから、チャイルドに出てきてもらいます。



1、2、3。

ほら、元気なチャイルドが現れました。

そこから自分でチャイルドを育てていってくださいね。

s-IMG_1487.jpg


ホームページはこちら
セラピースペースFuture


💛 あなたはとてもステキな人です。💛

💛 あなたは愛され大切にされる価値のある人です。💛


このところ、忙しく動きまわっていたので、昨日も今日もゆるゆるぐだぐだ。

動物だって、餌をとるときと危険が迫ったとき以外は、くだーっと寝てる。


アドレナリンをドッと出して頑張ったあとは、グダグダしよう。

「よくやった。疲れたね。よしよし」

と自分をいたわってやろう。


頑張っても報われないときもあるし、誠意を尽くしても分かってもらえないときもある。

有頂天になって喜ぶときも、絶望的に落ち込むときもある。


そんなすべてをひっくるめて、きっと宇宙はちゃんと回っているのだ。

そして、魂はプラスからマイナスまで、きっと幅のある感情を体験したいのだ。

だから、こんな自分にもあんな自分にもOK出してあげよう。

s-IMG_1503.jpg


ホームページはこちら
セラピースペースFuture
💛 あなたはとてもステキな人です。💛

💛 あなたは愛され大切にされる価値のある人です。💛


誰でも心の中にもうひとりの自分がいます。

その自分は、真の自分、ハイヤーセルフ、スピリットと言ってもいいし、潜在意識と言ってもいいでしょう。


わたしたちは、いつも頭 (顕在意識) でごちゃごちゃ考えていますが、考えた末に出てきた答えは、たいてい「何かちがうなあ」とか不安や怖れがつきまとうものだったりします。

でも、潜在意識と話すと、「これだっ!」と納得できる答えが来ます。

潜在意識は、自分のことを何でも知っているし、一番よく分かってくれているからです。


潜在意識と話すのは、誰でもできます。

目を閉じて、ゆっくり呼吸しながら集中すればいいのです。

質問があったら質問して、何も考えずに答えを待ちます。


そんなことできないって?

それは、「自分には、そんなことできない」と思い込んでいるから。

また、心を空にして集中することに慣れていないということもあります。


ヒプノセラピストの仕事は、クライアントさんを集中している状態に誘導すること。

あとは、クライアントさんが自分の潜在意識と対話するのです。


心にいるもうひとりの自分は、いつもわたしたちに話しかけています。

ただ、わたしたちがその「ひそやかな声」を聞こうとしないだけ。


いつもも、うひとりの自分の声に耳を澄まし、話しかけていると、親密なコミュニケーションができるようになりますよ。(*^^*)

s-IMG_3317.jpg


ホームページはこちら
セラピースペースFuture

伊藤洋子 素描展Ⅳ 秋田赤十字病院2Fミニギャラリー 9月19日正午まで


野に生きる者に

              伊藤洋子

私がオニノゲシに魅かれるのは、

身近な植物でありながら

野性を感じさせてくれるからだ。


なにか 飼い慣らされていないもの、

ひっそりとしているとが、力強いものを

見せてくれるからだ。


オニノゲシは何度も描いた。

もし私が、何度も描いたから、

葉っぱは こうなっているだろうとか、

たぶん こんなふうに花をつけているはずだとか、

少しでも思い、よく見ることを止めてしまったら、

小さな野性を見せてくれない。


私はそういう怠惰な私を

その度に壊さなければならない。


この時代に 此処で生きるからには、

電化製品も使うし、

洪水のような情報にさらされる生活から

出て行くことはできない。


だが、その中にあっても、

昔の人のように、

自然とつながって、

自然を畏怖して、


ひとつの生物として生きているという気持を、

自分には到底かなわないものがあるという気持を、


わずかでも、

呼びさましたいと思う。

s-IMG_3712.jpg

ホームページはこちら
セラピースペースFuture
伊藤洋子 素描展Ⅳ 秋田赤十字病院2Fミニギャラリー  9月19日正午まで

毎年、案内をいただく伊藤洋子さんの素描展に行ってきました。

こんな褒め方は、洋子さんの気に入らないかもしれないけど、デッサン上達したなあ・・・。

そして、毎年のことですが、洋子さんの「描くこと」と「書く」ことの才能に驚かされます。


若い頃から、生きることと描くことに対する、洋子さんの姿勢は変わらない。

年齢を経て、深さを増してはきたが。

家業と耳の故障・・・忙しい時間の合間を縫って、コツコツと描きつづけてきた。

そんな洋子さんの生き方に思いを馳せると、何だか胸が熱くなります。


歩く道はちがうけど、目指すところはきっと同じ。

昨年も同じこと書いたかな。

頑張ろうね、洋子さん!

s-IMG_3737-h.jpg

s-IMG_3711.jpg

s-IMG_3735-h.jpg

s-IMG_3713-h.jpg

s-IMG_3734-h.jpg


ホームページはこちら
セラピースペースFuture
2019.08.16 バラは憧れ 
💛 あなたはとてもステキな人です。💛

💛 あなたは愛され大切にされる価値のある人です。💛


わたしはバラの花が好きです。

そして、この歌も好きです。

そう、上條恒彦の「バラは憧れ」です。


永遠の誓いにそむいた心が

君を捨ててゆくときも

隠しきれない 悩みを誰にも

打ち明けられないときも

バラは憧れ バラは憧れ
バラは僕たちの夢


くらしに追われ あちこちと街を

急ぎかけまわるときも

おなかがすいて そのうえおけらで

夜風がわびしいときも

バラは憧れ バラは憧れ
バラは僕たちの夢


冬が長すぎ あしたに小さな

望みももてないときも

冷たい胸を あたためる為の

友達もいないときも

バラは憧れ バラは憧れ
バラは僕たちの夢


君が聞いてる 僕のこの歌を

少しあげましょう 君に 君に

君のおもいに 君のあこがれに

香りをつけようバラの

バラは憧れ バラは憧れ
バラは僕たちの夢


振り返ってみると、あんなときもこんなときもありました。
この歌は、わたしにとって心温まる静かな応援歌です。

s-pink-roses-2191631_960_720.jpg

ホームページはこちら
セラピースペースFuture
💛 あなたはとてもステキな人です。💛

💛 あなたは愛され大切にされる価値のある人です。💛


あなたは本当はどうしたいのですか。

どうなりたいのですか。


自分が我慢しさえすれば、この場も家庭も治まると思って、何十年も我慢してきたあなた。


我慢の中に閉じ込められ圧迫された、あなたの感情と思いは出口を失ってしまいました。

だから、身体の不調や病気として表われることで、あなたに訴えている。

「わたしの声を聞いて!」と叫んでいる。


あなたは本当はどうしたいのですか。

どうなりたいのですか。


我慢に我慢を重ね、あなたは自分の心を置き去りにしてきてしまいました。


自分の心の声を聞いて。

自分の心を大切にして。


いい人にならなくてもいい。

立派な人と言われなくてもいい。


あなたの人生を生きるのは、ほかの誰でもない。

あなたしかいないのだから。

あなたは、あなたの生きたい人生を生きて!


s-IMG_2928.jpg


ホームページはこちら
セラピースペースFuture


その1からその3までは、1時間足らずの間に起こった一連の出来事です。


その2の老婦人が降りていったあと、わたしの前に40代くらいの女性が立ちました。

その女性のカバンに何やら御守りのようなものが下がっています。

白十字のついた赤い御守り。

「それ何ですか?」、思わず訊いてしまいました。

「心臓疾患があるので・・・」

どうやら、それは「ヘルプマーク」というもので、外から見て分からない障害のある方のためのマークだそうです。

「じゃあ、どうぞ坐ってください」

わたしが席を譲ると、その方は「いいです、いいです」と遠慮しながらも坐ってくれました。


すると、その方がわたしの顔を見上げて、こう言うのです。

「わたし、あなたを見たことがあります」

「えっ?でも、わたし秋田から出てきて、この地下鉄に乗ったの初めてなんですけど」

「でも、練馬で見たことあります」

「あのお、どこにでもある顔なんで・・・」

それでも相手は納得していない様子。


短時間に連続して起こった不思議な出来事でした。

こんなときって、やはり波動が上がっていたのかも。

s-IMG_3665.jpg


ホームページはこちら
セラピースペースFuture
💛 あなたはとてもステキな人です。💛

💛 あなたは愛され大切にされる価値のある人です。💛


昨日、孫と墓参りに行ってきました。

小学校2年生ですが、お供え物や花を持ってくれたり、水桶を運んでくれたり、けっこうお手伝いしてくれます。


でも、いざ墓参りとなると、墓の周りでピチャピチャと水遊び。

セミの抜け殻を見つけると、キャアキャアと声を上げながらポケットへ。

墓参りどころではありません。


やれやれと思いつつも、孫は子どもの時間を楽しんでいるんだなあと感心しました。

照りつける日差しや、水の感触、カサカサしたセミの脱け殻。

子どもの目には、この世界がどんなに新鮮に見えることでしょう。


子どもの時間は、魂が転生してきたこの地球での体験を存分に楽しむ時間なのでしょう。

特に、自然と触れ合う体験、人に慈しまれる体験を魂は欲しています。


でも、それが体験できない場合もあります。

そうすると、心が満たされないままに大人になってしまいます。

その満たされない心が生きづらさを感じるのです。


インナーチャイルドとは、喜ぶこと、楽しむこと、慈しまれることを欲する、自分の中の子ども。

「心が満たされないのは、子どもの時間を十分に楽しむことができなかったからだね。つらかったね」

過去の時間に戻り、そのつらい気持ちを癒してやれば、自分の中のチャイルドはまた元気を取り戻します。

チャイルドが元気になると、自分も元気になります。

あら、インナーチャイルドの話になってしまいましたね。(笑)

s-IMG_3620.jpg


ホームページはこちら
セラピースペースFuture