FC2ブログ
解放の仕方は明日と言いながら、もう一週間以上過ぎてしまいました。

では、心のモヤモヤを解放していきましょう。


まず自分の感情としっかり向き合いましょう。

これって?

それは、悲しみかもしれないし、怒りかもしれない、あるいは孤独感とか罪悪感といったものかもしれません。

じっと感じて。


その感情は身体のどこの部分にありますか。

胸、お腹、のど、頭、肩、手?

その感情があると感じる身体の部分をよく観察してください。


その感情って、どんなイメージですか。

色や形はありますか。

形があれば質感や重さも感じてみましょう。


あなたはその感情をもち続けていたいですか。

解放したいなら、「わたしはこの○○○を解放します」と宣言しましょう。

解放の仕方は、身体の部分から取り出して、

・宇宙に放り投げる。
・爆破する。
・宇宙から降りてきた光のダクトに吸い取ってもらう。
・水で洗い流す。
・天使にもっていってもらう。

どんな方法でも、自分の心にピッタリくる方法でOKです。


解放できましたか。

まだ、何か残っているなら、それも解放しましょう。

最後まで何もなくなるまで解放します。


解放したあとの身体の部分を見てください。

すっきりしていますか。

落ち着いた感じ、穏やかさ、安らぎといった感じがあれば解放できたということです。


解放した部分に、宇宙から白い美しい癒しの光が降りそそいで、そこを癒してくれます。

宇宙に「ありがとう」とお礼を言ってください。


同じ感情がまた戻ってきたら、また解放しましょう。

解放するたびに、感情のイメージが小さくなり、その感情が軽くなっていきます。

それでも、解放できなければ、ハートを解放しましょう。

ハートは愛と承認の基本的欲求を象徴するもの。

ハートまで解放すると、すっきりします。

これは、FutureのHPのトップページに音声データとして載っています。

7分くらいのデータです。

わたしの声と一緒にやってみてくださいね。


次回は、わたしたちの心を縛る「思考の解放」を紹介しようと思います。

自分を幸せにしない思考を解放して、もっと自由に楽しく生きましょう。(*^^*)


セラピースペースFuture


s-IMG_2060.jpg

スポンサーサイト



あなたの今いる場所から、自分をそこに置いたまま、どんどん後じさりしながら遠ざかってみましょう。
遠ざかるにつれて、自分が感じている感情もゼロにしていきます。
どんどん遠ざかり、地球から離れていくと、もう地球が小さな青い星に見えます。

そこは、無数の星々が輝く、音のない世界。
愛と深い深い安らぎに満ちた世界。
あなたは今、光に戻り、愛と安らぎに包まれて、宇宙の真ん中にぽっかりと浮かんでいます。

さあ、そこから地球にいる自分を眺めてみましょう。
宇宙から眺めると、地球で生きている自分を、実に客観的に眺めることができます。

こんな安らぎに満ちた光である自分から見たら、地球の自分はどんなふうに見えますか。
何をそんなにあくせくしているの。
自分は価値が無いとか。
自分はダメなやつとか。
自分は貧しい、あれもない、これもない、ないない尽くしだなんて言っている。
心は怒りや悲しみや淋しさ、不安や怖れでいっぱい。
人を責めたり、自分を責めたり。
心の隙間を物やお金で必死に埋めようとしている。

宇宙から眺めたら、地球にいる自分が、どれだけ制限された不自由な生き方をしているか気づくことでしょう。
えっ?わたし価値が無いですか。
えっ?わたし貧しいですか。
えっ?わたしダメなやつですか。
自分を制限しているのは、ほかならぬ自分自身。
この制限を解放したら、どれだけ自由な自分になれることか。

さあ、自分をしばっている制限をひとつひとつ点検して、紙に書き出してみましょう。
これほど大きな自分という存在をしばりつけ不自由にしている考え、思考は何か。
その思考からネガティブな感情が生まれます。
それらの感情もひとつひとつ点検していきましょう。

いっぱいありますね。
そうです。
わたしもいっぱいあります。
それらをひとつひとつ解放していけば、より自由になれる。
より光の自分に戻っていける。

その解放の仕方は、また明日。


セラピースペースFuture


誰かのことが気になって、なぜか胸のあたりがモヤモヤする。

その人の言動に傷ついている。

「なぜ、あんなことを言うのだろう。わたしは不当な扱いを受けたのではないか」と思う。

そのままにしておくと、そこに思いがとどまって、ぐるぐる回っているばかり。


そんなとき、よくよく心の奥を探ってみると、同じような出来事があったことを思い出すかもしれません。

そう、あのときも、あのときも、わたしの心は傷ついた・・・そんな思い出の数々。

そんな思い出が浮上してきて、自分の心にどれだけ怒りが溜まっていたかに気づきます。


そんな怒りはまとめて解放してしまいましょう。

てっとり早い方法は、自分自身が火山になる方法です。


「わたしはこの怒りを解放します」と宣言して、胸や腹の中で煮えくり返っている怒りのマグマを、頭のてっぺんから「ドカーン、ドカーン!」と噴火させましょう。

真っ赤なマグマがなくなるまで、気の済むまで噴き出させましょう。


全部噴き出しおわってスッキリしたら、空洞になった胸やお腹を、宇宙から降りそそぐ美しい光で満たしましょう。

宇宙に「ありがとう」と感謝しましょう。


どうですか?
怒りを解放したら、相手の言動をもう一度思い出してみましょう。

別の見方、とらえ方ができるようになっていませんか。

たとえば、「相手もそんなつもりで言ったのではないかもしれない」とか。

「相手の心にも何か満たされないところがあるのかもしれない」とか。

そして、相手の言動がきっかけで、心に溜まっていた古い怒りも解放できたことに感謝できるかもしれませんね。

ホームページはこちら
セラピースペースFuture



どうしても、不安や怖れ、ネガティブな考えが頭をもたげてくる。

頭では分かっているのに、切り替えようと思ってもなかなか切り替えることができない。

そんなとき、わたしがクライアントさんにオススメしているワークがあります。


まず不安や怖れ、ネガティブな考えに心がとらわれているときのハートを感じてもらいます。

そうですね。

ハートはキュッとちぢまっている、あるいは重苦しい圧迫感がある、そんな感じですね。

そこで、周囲の物をよく観察しながら、5分間「ありがとう」を言いつづけてもらいます。

「ありがとう」を言いつづける5分間って、結構長く感じるものですよ。

5分が過ぎて、「どうでしたか?」と聞いてみると、みなさん「ふわーっとした」とか「すっきりしている」とかおっしゃいます。

これは、5分間、今という瞬間にいたからなのです。


わたしたちの心は、ほとんどの時間、過去と未来にいます。

つまり、過去を後悔し未来を心配しているわけです。

でも、過去は過ぎたことだし、未来はまだ来ていません。

そして、今のこの瞬間が未来へと続いていくのです。


わたしたちの目は見ているようでいて、実はよく見てはいません。

心が過去と未来を行ったり来たりしているので、今ここにある世界をよく見てはいないのです。


今あなたの部屋の中にある物、目の前にある物をよく観察してください。

カーテンの模様の色と形、テーブルに置いた本の装丁、しおりのリボンの色と質感・・・。

「えっ、こんなだった?」、今まで自分がほとんど見ていなかったことに気づかれることでしょう。

そして、よく観察すると、何気ない物の美しさに気づくかもしれません。


ところが、観察だけしていても、わたしたちの心はすぐにさまよい始めます。

また過去と未来を行ったり来たり。

そこで、「ありがとう」を言いつづけるのです。

「ありがとう」はあなたの心を、今の瞬間に貼付けてくれるのです。


「ありがとう」は感謝の言葉。

感謝するとき、心は宇宙で最高の波動になっています。

宇宙の平安に浸っているのです。

心がふわーっとするはずですね。

心が今という最高の波動状態にある時間が長くなればなるほど、宇宙の平安に浸っている時間が長くなるほど、わたしたちは宇宙と一体になれます。

すると、人生がスムーズに流れ出します。


願いが叶ったり、物事がうまく解決したりするのです。

それは、不安や怖れといったネガティブな思考が、スムーズな流れをブロックしなくなるからなのです。


よく言いますね。

「だまされたと思って、やってごらん」と。

5分間やってみてください。

次に歩きながら、お風呂に入りながら、車を運転しながら、レジの待ち時間、空いている時間にこのワークをやってみてください。


これが習慣になったら、いつの間にか人生がうまくいくようになっていますよ。

そして、この世界がとても美しく見えるようになります。

次に見る物、見る物、本当にありがたく思えてきます。

すべての物が、あなたがこの地球で体験する人生の舞台設定として、ここに在るものだからです。


ホームページはこちら
セラピースペースFuture

s-IMG_2479.jpg