FC2ブログ
貴乃花が引退表明、記者会見・・・。
「相撲道」という美学をもって生きている貴乃花さん、言固辞なほど真っすぐ。
もっとうまくやれないのかなと思ったこともありましたが、昨今のスポーツ界のパワハラ問題など、今まで隠ぺいされてきた事実が次々と暴露されるのを見ていると、仕方ないのかなと思います。
なあなあでやっている人たちは、筋を通そうとする人を排除したいのですね。

これから貴乃花はどうするのかな。
まだまだこれで終わりではないと思います。
相撲界の中にいて相撲の世界を改革することはできなかったけど、「相撲道」を表現する方法は、まだまだほかにあるかもしれません。
今、貴乃花は「なれ合い体質の相撲界」から締め出された被害者のように見えるかもしれませんが、人生最後まで見ないとわからないのではないでしょうか。

いずれにしても、自分に正直に誠実に生きていれば、社会的に損をしているように見えても、その人は自分を尊敬できるという宝物を得ることができます。
でも、不実な生き方をしていると、社会的には出世しうまくやってきたように見えても、その人の潜在意識は自分は誠実でないと知っているので後ろめたさがあり、自分を尊敬することができません。

自分を尊敬できるような生き方をしたかどうかは、顔に表れます。
精一杯誠意を尽くして生きてきた人は、表情に安らかさがあるのではないでしょうか。

あれ?
ちょっと話がズレたような気もしますが、貴乃花にはまだまだ活躍してもらいたいと思います。(*^-^*)

s-IMG_2375.jpg


スポンサーサイト



「幸せになれないと思っている自分」を解放する方法、その2です。

静かな場所で横になるか椅子に腰かけ、ゆっくり呼吸します。
美しい階段をイメージしましょう。
その階段を下りたところにドアがあって、ドアの向こうに「幸せになれないと思っている自分」がいるのです。

ゆっくり呼吸しながら、10~1まで数えていきます。
数えながら、階段を下りていきましょう。
さあ、ドアの前に立ちました。
それは、どんなドアですか?
ドアノブを回して、ドアを開けましょう。

そこに「幸せになれないと思っている自分」がいます。
それはひとりかもしれないし、何人かいるかもしれません。
見たことのない人がいる?
前世の自分かもしれませんね。
幼い頃の自分、あるいはもう少し大きくなった自分がいるかもしれません。

「幸せになれないと思っている自分」の一人ひとりにこう語りかけてください。
「もう過去は終わったよ。それはもうここに存在しない。わたしは今、幸せになることを自分にゆるします」
その言葉で過去の自分が解放されます。
さらに一人ひとりを白い癒しの光で包んであげましょう。
もう過去は癒されました。
過去の自分たちは、今安心した顔をしています。

過去の自分たちに「ありがとう。会えて良かった」と別れを告げ、ドアから出て、1~10まで数えます。
ゆっくり目を開けてください。

もう「幸せになれないと思っている自分」はすべて解放されました。
頭のてっぺんからピンクの美しい愛の光を吸い込み、身体中に広げます。
「わたしは今幸せになることを自分にゆるします」ともう一度宣言しましょう。(*^^)v