FC2ブログ
そろそろ冬季オリンピックも終盤。
このオリンピックでは、感動シーンがたくさんありました。

ケガをして復活した選手たちの活躍にも感動しましたが、一番心に残った人は小平奈緒さんでした。
すごい記録を出したあとも、まだ競技のある選手たちに配慮し、口に指を当てて観客を静めたシーン。
両手を広げて、滑り終わった李相花選手を迎えたシーン。
自分を表現する三つの言葉を訊かれて、「求道者」と答えた小平奈緒さんは、本当に求道者なのだと感じました。
スケートを通して「道」を求める思いがあるから、自分の勝利だけに酔いしれることなく、他者に対して配慮することもできるし、尊敬の念を抱くこともできるのでしょう。

小平奈緒さんのように、「求道」を意識していなくても、すべての魂は、肉体を持たなければ経験できないことを経験するために地球に生まれきます。
スポーツ、ビジネス、芸術、労働、恋愛、家族、病気・・・みんな、地球でいっぱい経験して光に戻っていくんだなあと思います。(*^-^*)

ホームページはこちら
セラピースペースFuture
スポンサーサイト



ザギトワ、メドベージェワ、オズモンドに続いて、宮原知子、坂本花織は4位と5位。
毎年フイギュアスケートを見ていますが、こんなレベルの高い大会を見たのは初めてです。
オリンピックという大舞台で、みんな大きなミスもなく、持てる力を発揮できた感があります。

それにしても、ザギトワすごかったですね。
まるで氷の上でバレエを踊っているみたい。
文句のつけようがありませんでした。
メドベージェワも、さすがと思わせるような演技でした。
二人の差はわずか1.34というのも頷けます。

優雅に見えても、フイギュアスケートは身体を酷使するスポーツでケガはつきもの。
メドベージェワもオズモンドも、宮原もケガで休養を余儀なくされたあとの大会でした。
却って、それが良かったのかも。
ケガをしたあとは、どこか力がぬけているように見えます。
「絶対にメダルを取らなければ!」というメダルに対する執着よりも、氷上にカムバックできたことに対する感謝のほうが大きかったのかもしれません。
力がぬけたところに、ベストを尽くそうという思いがあり、そこにスケートの神様が降りてきたのではないでしょうか。
どんなに一生懸命練習していても、上手くいかないこともあるし、転ぶこともあります。
一人ひとりが存分にその力を発揮できたのは、実力プラス目に見えない力が働いたとしか思えません。
素晴らしいものを見せてもらいました。
メダルに関係なく、みなさんおめでとう!と言いたいです。


ホームページはこちら
セラピースペースFuture
昨夜というか今朝がた、眠れなかったので、こんな遊びをやってみました。
並行宇宙つまりパラレルワールドにいる自分とつながるワークです。

すると、見えてきたのは雪をかぶった古い家。
雪の重みで屋根も庇もたわんでいます。
「えーっ、こんなボロい家に住んでるの?いやだなあ」
と思いました。
でも、家の中に入ってみました。
コンクリートの流し台の脇に洗った食器が雑然と積み重ねられています。
コンクリートの流し台だなんて、やはり古い家なんだなあ。
さらに奥へ進み、黒光りした板の間へ。
部屋の真ん中に囲炉裏が、そして囲炉裏の上にかけられた鍋がぐつぐつ煮えています。
鍋の中身は、大根やら何やらの味噌煮込みらしく、とても美味しそう。
そして、囲炉裏のそばに坐っている、ちゃんちゃんこを着た痩せた老人が、どうやらわたしのようなのです。

老人は、家族もお金も無く、この古い家で一人暮らしのようです。
でも、老人の心はとても静かで安らか。
生きることに対する感謝と喜びにあふれています。
彼は、誰かに看取られることもなく、この家で一人静かに死んでゆくのかもしれません。
それでも、満足なのでしょう。

わたしたちは、人やお金や仕事や遊びなど、自分を幸せにしてくれるものを自分の外に求めます。
でも、それらのものが完璧に自分を満たしてくれることはありません。
パラレルワールドにいる老人は、何も無くても只生きていることに感謝し喜びを感じる境地に至っているようです。

パラレルワールドで生きる自分はたくさんいるはずなのに、この老人とつながったのは、今のわたしが老人が達した境地を求めているからなのでしょう。

並行宇宙に、こんな自分がいる。
うれしくなりました。


ホームページはこちら
セラピースペースFuture
先日参加したセミナーで、インナー・ペアレントの実習のモデルになりました。
インナー・ペアレントというのは、「内なる親」つまり心の内にイメージとして持つ親のことです。
わたしたちが、この現実で経験する家族というのは、自ら計画した学びとはいえ、時には過酷なものになることがあります。
この親には、もう親としての役目を下りてもらいたい。
あるいは、親の学校に行き、親としての役割について勉強し直してほしい。
こういう場合に、インナー・ペアレントをイメージし、心の中に幸福感を植え付けていきます。

わたしの両親は親としてふさわしいモデルがいなかったために、かなり未熟な人たちでした。
そこで、尊敬している美智子皇后様にお母さんになっていただくことにしました。
わたしは子どもに戻り、二人の姉とともに皇居におられるインナー・マザーである皇后さまに会いに行くことになりました。
すると、どういう展開か、わたしの実母も実父も子どもに戻り、一緒に行くことに。

わたちの元家族は、みんな子どもに戻り、天皇陛下と皇后様という両親のもとで暮らすことになりました。
もちろん、すべてイメージの中ですが、皇居の庭で遊んだり、皇后様に抱っこしてもらったり、皇后様手作りのサマー・ドレスを着せてもらったり、皇居のダイニングルームで食事したりと、十分に楽しみました。

戦場のような家庭で育ったので、天皇陛下と皇后様の穏やかな物言い、あふれ出る優しさに心が癒されました。
それから毎朝瞑想するたびに、わたしは子どもに戻り、元家族とともにインナー・ペアレントである天皇皇后両陛下に会いに行き、両陛下の光に包まれます。

そうすると、イメージであっても、胸が幸福感で満たされるのです。

ホームページはこちら
セラピースペースFuture
さきほど、平野歩夢さんがハーフパイプで銀メダルを獲得しました。
昨年、肝臓と左ひざの靭帯損傷という大けがをしたのに、精神力の強さに驚かされます。
でも、ネットを見ると、弟さんの言ですが、リハビリ中もずっとビデオを見て滑りのイメージを膨らませていたそうです。
大けがをしたときの恐怖心はどうやって克服したのか、そのことについては書いてありませんでしたが、イメージトレーニングする中で不安や怖れといった感情も解放していったのかもしれません。
感情は潜在意識にあるので、意志の力で克服しようとしても上手くいきません。
一流のスポーツ選手というのは、潜在意識をちゃんとプラスの方向に使っているのでしょう。
「けがをしてよかった」と思えるようにならなければと思ったという平野歩夢さん、本当におめでとう!(^^)!
そして、顔を62針も縫う大けがから復帰して、金メダルをとったショーン・ホワイトさんもすごい、おめでとう!

ホームページはこちら
セラピースペースFuture