FC2ブログ
ブログの引っ越しをしました。

リンクを貼ることができません。

お手数ですが、「やすらぎspot セラピースペースFuture」で検索していただくと出てきます。

よろしくお願いします。(*^^*)


スポンサーサイト



26、27日と仙台に出張してきました。

お借りしているレンタルサロン「レボルシオン」の近くに、錦町公園という、とても雰囲気のいい公園があります。

その公園のそばに赤い鳥居の可愛い神社が建っています。

祀られている神様は、アセンションの神様として話題の「瀬織津姫」(せおりつひめ)。

しっかりお参りしてきました。


それにしても、仙台は平日でも街に人が溢れている。

すごいなあ!

こんなことで驚くなんて、やはり秋田って人が少ないからでしょう。

秋田では、街を歩いていて人にぶつかるなんてこと、まずないよね (笑)

s-IMG_3809.jpg

仙台は杜の街だけあって、公園にも木がいっぱい。


s-IMG_3783.jpg

これ、シベリア杉じゃない?大木です。

s-IMG_3792.jpg

瀬織津姫を祀る可愛い神社。

s-IMG_3788.jpg

瀧澤神社。賽銭箱にカギがかかっていました。(*´ω`*)

s-IMG_3787.jpg

社殿の隣に椿の木が。春には白とピンクの斑の花を咲かせます。

ホームページはこちら
セラピースペースFuture
💛 あなたはとてもステキな人です。

💛 あなたは愛され大切にされる価値のある人です。


布団に入る前に、面白い映像が見えることがあります。

眠くて潜在意識が開いているからでしょうね。



5才くらいの女の子が、先に何かがついた紐をブンブン振り回している。

その子を見ていると、自由とか強さいう言葉が浮かんでくる。

あれ、この子、わたしのインナーチャイルドかな。

今までは、幼い頃の自分自身がチャイルドだったのに、変わったのかな。



現実世界で生きているわたしは、心が揺れることも傷つくことも落ち込むこともあるのに。

この子がわたしのチャイルドだとすると、ずいぶん元気。

でも、それはわたしが潜在意識にある傷ついた自分自身を解放し癒してきたから。



インナーチャイルドセラピーと言っても、いきなりチャイルドを出してしまうと、つらくなります。

インナーチャイルドは、自分の感情を反映したイメージとして出てくるからです。

自分の心が傷ついたままだと、チャイルドもふさぎこんでいたり、悲しそうだったり、心を閉ざしていたり。



その状態からチャイルドを育てていくのは、時間もかかるし、忍耐が必要です。

でも、つらい感情を解放してからだと、元気なチャイルドと会うことができます。



ですから、わたしのインナーチャイルドセラピーは年齢退行から入ります。

年齢退行セラピーに十分に時間をかけて、感情を解放し癒してから、チャイルドに出てきてもらいます。



1、2、3。

ほら、元気なチャイルドが現れました。

そこから自分でチャイルドを育てていってくださいね。

s-IMG_1487.jpg


ホームページはこちら
セラピースペースFuture


💛 あなたはとてもステキな人です。💛

💛 あなたは愛され大切にされる価値のある人です。💛


このところ、忙しく動きまわっていたので、昨日も今日もゆるゆるぐだぐだ。

動物だって、餌をとるときと危険が迫ったとき以外は、くだーっと寝てる。


アドレナリンをドッと出して頑張ったあとは、グダグダしよう。

「よくやった。疲れたね。よしよし」

と自分をいたわってやろう。


頑張っても報われないときもあるし、誠意を尽くしても分かってもらえないときもある。

有頂天になって喜ぶときも、絶望的に落ち込むときもある。


そんなすべてをひっくるめて、きっと宇宙はちゃんと回っているのだ。

そして、魂はプラスからマイナスまで、きっと幅のある感情を体験したいのだ。

だから、こんな自分にもあんな自分にもOK出してあげよう。

s-IMG_1503.jpg


ホームページはこちら
セラピースペースFuture
💛 あなたはとてもステキな人です。💛

💛 あなたは愛され大切にされる価値のある人です。💛


誰でも心の中にもうひとりの自分がいます。

その自分は、真の自分、ハイヤーセルフ、スピリットと言ってもいいし、潜在意識と言ってもいいでしょう。


わたしたちは、いつも頭 (顕在意識) でごちゃごちゃ考えていますが、考えた末に出てきた答えは、たいてい「何かちがうなあ」とか不安や怖れがつきまとうものだったりします。

でも、潜在意識と話すと、「これだっ!」と納得できる答えが来ます。

潜在意識は、自分のことを何でも知っているし、一番よく分かってくれているからです。


潜在意識と話すのは、誰でもできます。

目を閉じて、ゆっくり呼吸しながら集中すればいいのです。

質問があったら質問して、何も考えずに答えを待ちます。


そんなことできないって?

それは、「自分には、そんなことできない」と思い込んでいるから。

また、心を空にして集中することに慣れていないということもあります。


ヒプノセラピストの仕事は、クライアントさんを集中している状態に誘導すること。

あとは、クライアントさんが自分の潜在意識と対話するのです。


心にいるもうひとりの自分は、いつもわたしたちに話しかけています。

ただ、わたしたちがその「ひそやかな声」を聞こうとしないだけ。


いつもも、うひとりの自分の声に耳を澄まし、話しかけていると、親密なコミュニケーションができるようになりますよ。(*^^*)

s-IMG_3317.jpg


ホームページはこちら
セラピースペースFuture