4月の自己解放ベーシックコース開催のお知らせです。

秋田にも春が来ましたね。
人生に生きづらさや閉塞感を感じている方、自分の心のリフォームをしてみませんか。
胸につらい感情が溜まっていませんか?
自分を生きづらくする思い込みにとらわれてはいませんか?
自分を縛っているのは、実は自分自身なのです。
ネガティブな思い込みや感情を解放すると、もっと肩の力をぬいて楽に生きることができるようになります。
人生がスムーズに動き始めます。
詳しくは、ホームページをご覧ください。

4月の自己解放ベーシックコース
・4月 9日(日曜日) 13時30分~  
・4月24日(月曜日) 13時30分~
・場所 セラピースペースFuture
・料金 3,000円
・3名様まで
※ 参加ご希望の方は予約フォームか電話にてお申込みください。
スポンサーサイト
いい天気!
お花見日和ではありません。
ひとりでお花見に行ってきました。
撮影も兼ねているので、花見はたいていひとりです。
まだ満開ではなく、八分咲きというところ。
でも、花の下を歩くと、桜の甘い匂いに包まれていい気持ち。
花の匂いは、葉っぱのようなはっきりした強い香りではなく、もっとほのかな優しい香りです。

満開の木の姿も素晴らしいものですが、わたしはこんなふうに枝を切り落とした部分から、噴き出すように咲く花に惹かれます。
木の持つ生命力を感じます。
わたしたちにも、この木と同じように、どんな辛い経験をしても、また立ち上がり自分を癒し歩き出す生命力がある。
わたしは、そう思います。

s-IMG_1154.jpg

s-IMG_1153.jpg

s-IMG_1152.jpg

h-s-IMG_1150.jpg

s-IMG_1144.jpg

ここをクリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

「わたしは幸せになってはいけない」
「わたしはもっと我慢しなければいけない」
「わたしはダメな奴だ」etc・・・。
こんな自分を苦しめる考え方は、様々な要因と影響によりわたしたちの心に根付いてしまったものです。
でも、そのパターンが自分を苦しめるだけだと気づいたら、思い切って引っこ抜いてしまいましょう。
引っこ抜いたものを全部、箱に入れて、テープやひもでぐるぐる巻きにします。
次に、「わたしはこの思考パターンを手放します」と宣言します。
宣言してとたん、箱はあなたの頭を離れて、宇宙へポーンと飛んでいきます。
すっきり穏やかな気持ちになったらOKです。
その思考パターンは解放されました。
その代わりに、頭の中に新しい思考パターンを入れてください。
あなたは選択することができるのです。

s-IMG_1132.jpg

ここをクリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村









道を歩いていても、あちこちの軒先に咲く花に呼び止められるので、つい写真を撮ってしまいます。
ほら、クロッカスも水仙も、それから名前の分からない紫色の花も咲き始めました。
桜は、今月はじめの東京で撮影した桜です。
日差しも長くなりました。
暮れ残った夕空を楽しむことのできる季節がやって来ました。
新学期、新年度、新しい環境に戸惑ったり、ドキドキしたりしている人もたくさんおられることでしょう。
「悩みの真っ最中で、花どころでない」とおっしゃる方もいるかもしれません。
でも、あなたがそのことを悩んでいるのであって、あなたは悩みそのものではありません。
あなたは、あなたの感情でも思い込みでも、つきつめて言えば肉体そのものでもありません。
あなたの中には、無限の平和と愛と喜びがあります。
自分を苦しめる感情や思い込みを解放していくと、心の平和が訪れます。
でも、その前に、ほら足元に咲いている花に目を留めて眺めてみてください。
小さな命が精一杯咲いて、春を歌っています。
花の優しいエネルギーをもらってください。(*^-^*)

s-KIMG0113.jpg

s-KIMG0130.jpg

s-KIMG0131.jpg

s-KIMG0103.jpg

s-KIMG0104.jpg

ここをクリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
生きていると、楽しいこともあるし、不快なことにも出合います。
昨夜、驚くことがありました。

東京から帰ってきて、秋田駅でタクシーに乗りました。
タクシー乗り場で順番を待っているとき、嫌な経験を思い出していました。
ちょうど一か月前のことです。
同じ状況で秋田駅から乗ったタクシーのドライバーが、とても不愛想な人だったのです。
わたしの言い方が悪かったのか、自宅を通り過ぎてしまったので、ちょっと戻ってもらったところ、「だから、今言ったねか」と文句を言われました。
「すみませんね」と謝って、料金を出し、「おつりは要りません。ありがとうございました」と言ったのに、返事もなくブーッと行ってしまったのです。
「何、あの態度は!」と、正直腹が立ちました。

そのドライバーのことを思い出していたのです。
でも、順番が来てドアが開き、乗り込んだところ、「あれ、あの会社のタクシーだ。そして、この後ろ姿はあのドライバーにそっくり」じゃないですか。
しかも不愛想。嫌な予感。
降りるとき、「おつりは要りません」の言葉にも何の返事もなく、やはりブーッと行ってしまいました。

正真正銘、あのドライバーです。
わたしは毎日、タクシーに乗るわけではありません。
セミナーで東京から帰ったときだけです。
何でこんな不思議なことが起こったのか、と考えました。

「ああ・・・」と気づきました。
世の中には、いろいろな人がいます。
その人は、ただ不愛想なだけなんですね。
たいていのドライバーは、降りるときには「ありがとうございました」と言ってくれるし、少しの額でも「おつりは要りません」と言うと、喜んでくれます。
でも、期待どおりの反応をしない人もいる。
それだけのことなのです。
それを「不快」と決めるのも、「世の中にはいろいろな人がいるんだな」という学びの機会だったと決めるのも、要するに自分です。
起きる出来事に、ネガティブな意味を与えることができるのも、ポジティブな意味を与えることができるのも、自分なんですね。

こんなありえないような経験を差し出してくれた宇宙の采配に、乾杯です!
すっきりしました。
ここをクリックお願いします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村