ソマティックヒーリング Somatic Healing (体細胞療法) は、米国のデイビッド・クィグリー氏が開発しました。

身体の状態は、すべて今その人に対するメッセージであると考え、そのメッセージが何であるかを探り、身体が欲していることを行っていこうとする、催眠と対話によるヒーリング技法です。

病気 (がん、腫瘍、喘息、片頭痛、アレルギーなど) は、心理的なものが原因であることがよくあります。

中枢神経と免疫システムは深くつながっているために、心理的ストレスがつづくと、免疫システムが傷つき、人は病気にかかりやすくなってしまいます。

ソマティックヒーリングは、催眠と対話のプロセスをとおして、クライアントさんが病気の裏にある意味を探り、潜在意識からのメッセージを受け取り、ご自分で自分を癒していけるように支援します。

対象 : 身体に不調を感じておられる方
モニターは有料です。
詳しくはホームページをごらんください。

s-IMG_1971.jpg


ホームページはこちらをクリック
セラピースペースFuture
スポンサーサイト
一昨日、有楽町の辺りを歩いていたら、一匹の黒猫が道を横断しようとしていました。
「ああ、危ないなあ」と思っていたら、その猫ではなく、もうすでに車に轢かれた猫が道の上で痙攣しているではありませんか。
車から降りた男の人が、その猫を抱き上げ、街路樹の根元に置きました。
猫は少しの間、ピクピクしていましたが、すぐに静かになりました。
その車は、猫を置いて走り去りました。
対向車線を走っていたパトカーも止まりましたが、これも行ってしまいました。
仕方がありません。
道は広くないので、止まっていると交通渋滞を起こしてしまうからです。

猫を轢いてしまった車のドライバーも驚き、後味の悪い思いをしたことでしょう。
猫は、車の前に飛び出す習性があります。
仕方がなかったのです。
パトカーがきっと、猫の遺体を処理してくれる、然るべき機関に連絡してくれたにちがいありません。

わたしは、道の反対側から、猫の上に降りてくる白い光をイメージしました。
猫の魂を天国に運んでくれる光です。
肉体から脱け出たので、猫の魂はもう苦しんでいません。
白い光とともに天国へ昇って行くように、「光に戻りなさい」と声をかけてあげました。
猫はもう今頃、天国で元気に走りまわっていることでしょう。


ホームページはこちらをクリック
セラピースペースFuture
 昨年、2時間もぶっ通しで、家中の窓と網戸を拭いた翌日、ぎっくり腰になり三日間寝たきりになってしまいました。
それ以来、窓を拭くのが怖くて、今年は業者にお願いしようかと思っていたところ、夫のツテでシルバー人材センターにお願いすることになりました。
春に来てくださったのは、わたしたちよりも10才は年上のおじさんorおじいさん。
でも、すごく元気で手際もよく、窓はピカピカになりました。
今月にもお願いしたのですが、雨で伸び伸びになり、昨日の予約がまた朝から雨。
「雨なのだから、また延期でも仕方がない。もしダメなら、わたしが少しずつでも拭こう」
この状況を受け入れようと思い、朝から「ありがとう、ありがとう・・・」の念仏を唱えていました。
延期の℡が入らないので、?と思っていたら、おじさん、ちゃんと来てくれたではありませんか。
「まず、今週はあとずっと雨だものな」と言って、雨具を身に着け、仕事にかかってくれました。
わたしは買い物に出ましたが、雨はだんだん激しくなるばかり。
早めに終わってもらったらいいかなと思いながら帰ってくると、もう窓はピカピカになっていました。
おじさん、本当にありがとうございました。
「ありがとう」はホントに魔法の念仏です。

s-IMG_1560.jpg

ホームページはこちらをクリック
セラピースペースFuture
起こってしまったこと、自分がやってしまったこと。
もう取返しがつかないし、どうしようもない。
ただ、出来事が起こったことを嘆き、自分のうかつさと愚かしさを責める。
でも、そんなことをしても、状況は変わりません。
そんなとき、もうお手上げだと観念して、ただただ起こったことを受け入れましょう。
自分ではまだ気づけなくても、その出来事は自分に学びや気づきの機会を与えてくれたはず。
「ありがとう、ありがとう、ありがとう・・・」と念仏みたいに唱えていると、不思議と心が静かになります。
心が静かになったら、しめたもの。
とてもいい兆候です。
取返しがつかないと思っていた状況が不思議な転換を見せてくれます。

s-IMG_1896.jpg

ホームページはこちらをクリック
セラピースペースFuture
久しぶりに東京でセミナーを受けて来ました。
ソマテックヒーリング上級コース、講師はソマテックヒーリングの創始者であるデイビッド、クィグリー先生です。
最高に面白く、内容の深いセミナーでした。
クィグリー先生は、子どものように無邪気で気さくで愛に溢れた方。
セミナーが終わる頃には、わたしもいつの間にかデイビッドと呼んでいました。

ソマテックヒーリングは訳すと「体細胞の癒し」です。
「病は気から」と言われているように、感情を抑圧していると、身体は故障や病というサインを出してきます。
ソマテックヒーリングでは、催眠を用いて病の原因となっている出来事を書き換えたり、トラウマを取り除いたりします。
そうすることで、クライアントさんが病気の裏にある意味を知り、それまでとはちがう新しい生き方ができるように援助していきます。

クィグリー先生は、これまでの人生で、親からの虐待、配偶者からの虐待、そしてあらゆると言っていいくらいの心と身体の故障と病を経験され、自らを癒すプロセスを経て、ソマテックヒーリングを創始されました。
自らの身体をまるごとソマテックヒーリングに捧げたような人生、感動の人です。
でも、笑い声がすごく面白くて可愛い方でした。(笑)

s-IMG_1947-h.jpg



ホームページはこちらをクリック
セラピースペースFuture