吉幾三さんが好きです。

人間も歌も好きです。

温かそうな人柄、涙もろいところ、日本の父さんという感じ。

家族を大事にしている人なのではないかと思います。

家族への愛が歌詞に滲み出ていますね。


「酒よ」もいいですが、何て言っても大好きなのは、「おら、東京さ行ぐだ」ですね。

今も、「おら、東京さ行ぐだ」を歌っている、若き日の吉幾三さんのYou Tubeを見て笑っていました。

「東京でベコ買うだ」の歌詞がいいんですよね。


今日はNHKの歌番組で最後に「ありがとう」という歌をうたっていました。

その歌詞を一部ご紹介します。

最後の部分です。


ありがとう言えるよな 最後であればいい

お前にも子供にも すべての人たちに


吉さん、人生の終盤に近づいてきて、こんな歌をつくったんですね。

すべての人たちに「ありがとう」と言えるような人生でありたい。

吉さんの温かい心が伝わってきます。


怒りも憎しみも悲しみも、そして喜びも安らぎも、たくさんの感情を体験した人生。

でも、最後にはすべての人に「ありがとう」と言えるような生き方をしたいと思います。

ね、吉幾三さん。

心温まる歌をありがとう(*^^*)

s-IMG_2136.jpg

ホームページはこちら
セラピースペースFuture
スポンサーサイト
時々、NHKBSから流れてくるピアノの音。

いろいろな人たちが、シチリア島の空港に置かれた一台のピアノの前で立ち止まり、思い思いに曲を弾いていきます。

弾き終わったあとに、その人とピアノとの係わりとその人の人生が簡潔に紹介されます。

地球の裏側から来てその地を通り過ぎる人、移民として来てその地で働いている人、結婚してその地に住んでいる人・・・人種も境遇も様々です。

でも、ピアノを弾いているときは、みんな幸せそう。

聴いている人たちも、幸せそう。

ニュースでは、戦争、爆弾、テロ、殺人・・・悲惨な事件ばかり報道されますが、大多数の人々はみんな慎ましくコツコツとそれぞれの人生を生きています。


でも、気づかなくても、わたしたちは本当はひとつにつながっている。

全面に突起のあるボールを想像してください。

一人ひとりは別々の突起として生きているので、みんなバラバラに見えますが、実はボールの一部としてボール全体に含まれています。

ピアノを弾いている人と聴いている人たちは、無意識のうちにも、束の間わたしたちがみんなつながっていることを確認しているのではないでしょうか。


空港ピアノだけかと思ったら、今朝はアムステルダムの駅ピアノでした。

世界中、いろいろな場所にピアノが置かれていたらいいな。

一台のピアノが世界をもっと平和な場所にしてくれるかもしれません。

s-IMG_2170.jpg

ホームページはこちら
セラピースペースFuture
本田圭祐さんがロシア大会最終選考の23人に選ばれましたね。

サッカーのことはあまりよく分かりませんが、ビッグマウスと言われている本田さんのこの言葉を聞いたとき、やはりすごい人だなあと思いました。

何かに抜きんでた人は、自分を支える人生哲学を持っている。

「失敗という言葉は要らない。失敗とは、これではうまくいかないのだということが分かるという成功なのだ」

この言葉は、あくまでポジティブで、粘り強く、客観的で冷静な考え方から生まれたのだと思います。


今回は最終選考のメンバーに入りましたが、もし入らなくても、その状況を受け入れ、人生を切り開いていくことのできる人なのでしょう。


未来は確定していません。

わたしたちは、みな手探りで進んでいきます。

もちろん、うまくいかないこともあります。

でも、それは失敗ではなく、それではうまくいかないのだということを学んだ成功なのですね。

それが分かったら、別の方法を試してみればいい。

失敗だと落ち込んだり、自分はダメな人間と自分を責める前に、できることがたくさんあります。

それは失敗ではなく、実は成功なのだ。(*^^)v

s-IMG_2147.jpg

ホームページはこちら
セラピースペースFuture
「ゴツン!」

自動ドアにおでこをぶつけて、びっくり。

バッグの中をいじりながら歩いていたときでした。

「大丈夫?」とそばにいた方が笑顔で声をかけてくれました。

わたしと同年代に見えるその方は、「あなたは下を向いて歩いてきたので、まだドアが開いていないうちに、進もうとしたの。だからぶつかったのよ」と説明してくれました。

「ああ、目が覚めました」

ドアにぶつかったことにも、その方の親切にも驚きました。


自分はもうエレベーターから降りたのに、わざわざ手でドアを押さえ、わたしが乗るのを待っていてくれた若い女性。

満面の笑顔で応対してくれたお菓子屋の店員さん。

なんだか今日は心温まる親切に出合う日でした。


ちょっとした気遣いが人の心を温めてくれます。

単なるマナーではなく、やはり他人に対する思いやりがあるから、そういう行動がとれるのだなと思います。

日常の小さな出来事から、やはりわたしたちは一人で生きているのではなく、みんなつながっているんだと感じました。


テレビからは、テロや戦争、嘘見え見えの国会答弁、権力とエゴが荒れ狂っているようなニュースばかり流れてきますが、わたしたちは小さな愛のやり取りをしながら日常を生きています。

この愛がもっともっと大きくなって、平和な地球になるといいなあ。(*^-^*)

自分に厳しいことって、ふつういいことだと思われていますよね。

でも、自分に厳しすぎると、自分で自分を苦しめることになります。


あなたがストレスを感じたり緊張したりする場面を思い浮かべてみましょう。

そのとき、あなたの中にいる厳しい自分は何と言っていますか。

たとえば、

「わたしは○○でなければならない」

「これくらいできるはずだ」

「完璧でないとダメだ」

あなたはよく頑張っている。

ほかの人もあなたの頑張りを評価してくれている。

それなのに、厳しい自分は「それじゃあダメ、もっと頑張らねば」とあなたを認めず、批判してきます。


一生懸命に頑張っている子どもの後ろで、親が「それじゃあダメ、もっと頑張らねば」と批判したら、子どもはどうなると思いますか。

そうですね。

萎縮してしまいます。

緊張して、できることもできなくなってしまう。

実力を発揮することができなくなるのです。


さあ、あなたを見張る厳しい自分は必要ですか?

もう必要がないと思ったら、厳しい自分にさよならしましょう。

厳しい自分に、こう言ってやりましょう。

「もう、あなたは必要ないよ。どこかに消えて」


そんなこと言われて、厳しい自分はどんな顔をするでしょう。

ほら、しょんぼりと遠ざかっていく後ろ姿に「さよなら」と手を振りましょう。


s-IMG_2123-h.jpg

ホームページはこちら
セラピースペースFuture