今日は試験で盛岡へ。

まだまだいっぱい勉強したいことがあり、ある通信教育を受けているのです。

でも、新幹線に乗り、スーツケースを開けてみてたら、筆入れがない!

昨日、10本くらいの鉛筆をちゃんと削って入れておいたのに、その筆入れをスーツケースに入れるのを忘れてしまったのです。

どうしよう。

鉛筆がなければ、試験を受けることができない。

持ってきた朝食も喉を通らず、頭の中をあの手この手の対策が忙しく巡っています。


そして、ハッと気づきました。

コンビニがある。

コンビニになかったら、会場の受付に頼んで借りることができるかもしれない。

それがダメなら、限られた時間で打てる手はもうないのだから、仕方ないとあきらめよう。

どうかコンビニにありますように。

ハイヤーセルフにお願いしたら、「大丈夫だよ」という答えが返ってきました。

念のため、こんなとき頼りになる大天使ミカエルにもお願いしておきました。(笑)

やっと落ち着いて朝食を食べることができました。


結果、2軒のコンビニを回り、シャープペンシル、鉛筆、鉛筆削り、カッター、消しゴム、必要な文房具をすべて調達することができました。


ふだんはあまり行かないけど、コンビニって何て便利なの!

大感激です。

試験の結果は、ひとつ落としそうな科目があったけど、それも気にならない。

無くて困ったときに、それが手に入った喜びに満たされて、ものすごく幸せな気分。

そうだ、今日はこの幸せな気分を味わうために、筆入れを忘れたのかもしれない。

そういうことにしました。


そう、忘れるという出来事に意味はない。

それを、散々な日と思うのも、お陰でこんな幸せを味わうことができたと思うのも、自分しだいなのです。

どんなことにも肯定的な意味をつける、幸せに生きるコツですね。

ホームページはこちら
セラピースペースFuture

スポンサーサイト
八代亜紀さんの話です。

まだ売れていない頃、ひとりでレコードの入った重い荷物を持って、キャンペーンに歩いていたそうです。

疲れて夜汽車に乗ったとき、「ああ、前の座席に足を乗っけたら気持ちいいだろうなあ」と思ったそうです。

そしたら、いつの間にか、そのまま眠ってしまいました。

翌朝、目が覚めたら、亜紀さんのボックスの周囲には、すし詰めの人が。

通勤の人たちで、電車は超満員になっていたのです。


とても恥ずかしい思いをしたそうですが、数年後、歌が売れ、亜紀さんは同じ町でコンサートを開きました。

すると、亜紀さんの元に一通の手紙が届きました。


自分は会社員ですが、ある朝、通勤電車に乗ると、若い女の子が座席に足を乗っけて、眠っていました。

手は豆だらけ。

女の子は、泥のように眠っています。

満員だったのに、その子のボックスだけはガランとしていました。

誰も、疲れて泥のように眠っている、その女に子を起こそうとはしなかったのです。

あの女の子、八代亜紀さんだったのではないですか?


こんな内容だったそうです。


「そうです。それは、わたしです」と亜紀さんは笑っていました。

八代亜紀さんは、子どもの頃、自分が歌手になって舞台で歌っている夢を見た、と聞きました。

そんな亜紀さんでも、なりふり構わず頑張った時代があったのですね。


誰にも一生に一度や二度、追い詰められ、「今ここで頑張るしかない!」という時があります。

わたしもありました。

夫が病気になったときですね。

夫が突然半身不随になり、職を失うかもしれない、子どもはまだ学生、お金もない。

でも、すべてを受け入れ、頑張るしかなかったのです。


あのときは夢中でした。

でも、振り返ってみると、あのときの頑張りが、今のわたしの自信につながっています。

それって、災難や不幸なのではなく、実は財産だったと思います。

ホームページはこちら
セラピースペースFuture
「あそこが痛い、ここが悪い」と、わたしたちは、自分の身体について、つい文句を言ってしまいます。

無頓着に扱ったり、酷使したり、あるいは気にしすぎて、自分の身体にネガティブな言葉をいっぱいかけてしまったり。

わたしも、ついやってしまいます。

わたしの場合は、休息を忘れて、使い過ぎるのです。


でも、身体は魂の乗り物。

わたしたちの魂は、身体を使って、この三次元の世界を体験しています。

身体の五感をとおして世界を感じ、身体をとおして魂を表現しているのです。

職人さんが道具を大事にするように、身体も大切に扱いたいものです。


考えてみなくても、身体は、わたしたちが眠っているときも休みなく働いてくれています。

文句を言うかわりに、身体に感謝してみたらどうでしょう。


もし、自分が文句ばかり言って、安い給料で、従業員を酷使する社長に雇われていたら、どう思うでしょうか。

きっと「やってられねえよ!」あるいは「こんなとこ辞めてやる!」と思うかもしれません。


不平不満を言うかわりに、感謝の言葉をかけてみましょう。

「ひどい扱い方をして、ごめんね。これからは大切に使うからね。ありがとう、ありがとう」なんて言ったら、きっと身体も喜ぶにちがいありません。


そして、実際に身体が喜ぶことをしてあげましょう。

身体に良い食べ物、運動、体操、休息・・・。

もちろん、心の平和も大事ですね。

毎朝、自分の身体が美しい光に包まれているところをイメージして、「ありがとう、ありがとう」と感謝の言葉をいっぱいかけてからスタートすると、素敵な一日になりますよ。(*^-^*)

ホームページはこちら
セラピースペースFuture
夜中にラジオから、この世のものとも思われぬ美しい歌声が流れてきました。

「波多野睦美&つのだたかし アルフォンシーナと海」というアルバム。

波多野睦美さんの、まさに天国に行ったら聞こえてきそうな歌声に聞きほれているうちに、目が冴え、とうとう朝の4時まで眠ることができませんでした。

美しい声というものはたくさんあるけれど、この方の声は、まるで日差しの中でプリズム水晶がぶつかり合うような音と言ったらいいでしょうか。

つのだたかしさんのリュート・ビウエラ・バロックギターも、波多野さんの歌声に溶け合うように響いてきます。


聴いていると、頭が空っぽになります。

ただ、ただ、気持ちがいい。

日向に坐って、日差しを浴び、土や草の匂いを感じながら、そよ風に吹かれている。

何も考えていない。

ただ、生きているだけで満たされている。

波多野さんの歌声を聴いているだけで、そんな気分になります。

「波多野睦美&つのだたかし アルフォンシーナと海」

「波多野睦美&つのだたかし イスパニアの歌」

CDを2枚買いました。

you tubeでも聴けます。

ホームページはこちら
セラピースペースFuture
大谷選手が3試合連続ホームラン、ピッチングでも7回1安打12奪三振無失点という快挙。

アメリカでも日本でも大騒ぎ。

野球ファンでなくても、大谷選手の華々しい活躍はうれしいニュースです。


誰かがすごいことをやってくれた。

みんなが憧れるような素晴らしい偉業を達成してくれた。

そんな人は、みんなの気分を上げ、元気づけてくれます。

みんなが考えている範囲を超えて、ずーっと行ってしまった人。

わたしたちに可能性というものを教えてくれる、先駆けとなる人。

そこから、「ほら、ぼくこんなところまで来ちゃったよ」と、手を振って笑っている。

わたしたちは、それを見て、「あれ、あんなところまで行けるんだ」と思います。

つまり、限界だと考えていたその先に、まだまだ可能性が広がっていることに気づくのです。

そして、「じゃあ、自分も行ってみようかな」と思う人が現れ、あとに続きます。

そして、さらにその先に行く人も出てきます。


潜在意識は、みんなつながっていて、わたしたちはひとつ、ワンネスなのです。

だから、誰かがすごいことをして見せてくれると、自分の可能性にも気づくのです。

同じことをしなくてもいい。

自分の好きなことをやればいい。

でも、自分が好きなことを楽しんでやっていれば、いつかあんなところまで行けるかもしれない。

そう思えるのです。

誰かが何かすごいことをすると、みんなうれしい気分になるって、こういうことなのだと思います。


ホームページはこちら
セラピースペースFuture